とこよしのBASSとなんか

YouTubeチャンネル「とこよしtocco-yoshi」のブログ。エレキベースと毎日のなんかを呟きます。 0TaAcK0 @YouTube since 2007~

ベースカバーを中心に趣味の範囲で演奏動画を投稿しています。
とこよし-toccoyoshi- です。 旧アカウントは0TaAcK0。


このブログではエレキベースにまつわる事から、
趣味はキャンプやレジャー、スノーボードまで、
日常の出来事をマイペースに更新していきます。

※Twitterのとこよしさんとは無関係です。




機材紹介(楽器)
機材紹介(DTM)

YouTube
FC2動画


カテゴリ: BASS COVER


とこよしです。
新年も明けましておめでとうございます。




早速、一曲弾いてみました。
 


ぼっち・ざ・ろっくっていうバンドもののアニメなのですがなかなか面白かったです。
アニメの制作陣がどんなバンドを基準にしてるのかもよくわかる楽曲構成で、この曲なんかはストレイテナーのとある曲によく似ています。










おそらく原曲のベースは4弦を1音下げチューニングで対応していると思われ、サビの部分などは4弦解放弦を多用したフレーズになっています。始まりのイントロ部分もそうですね。。。


それを今回僕は5弦のレギュラーチューニングでコピーしたのでサビの部分は解放弦を使えないので若干原曲と違う歌い回しになっています (かなり無理矢理です)。5弦ベースってあらゆるキーの曲を普通のレギュラーチューニングで対応できるメリットがある反面、やっぱり解放弦を多用するようなそのチューニングならではの曲をやる場合は、そのチューニングに合わせたほうが無難かと思います。


本来的にはこの手のグルーヴ感の曲はピックで弾いた方がいいと思います。
僕は粒立ちを揃えるのにガッっっっつりコンプと歪みで音潰してます。

潰しすぎてフレットノイズやフィンガリングノイズも全部同じ音量で拾うので(笑) 精神的にキツい部分はミュートが甘くて雑音がうるさいです。。






今回、歪みはTECH21のVT Bassを使いました。
サンズアンプの兄弟ですね。
歪みもさることながらバッファー回路の音質が気に入っております。



やっぱりロックめな曲には、
歪ませてドンシャリめなイコライジングが合うので、
今回はポンゴ(パチモンのミュージックマン・ボンゴ)ではなく、ベベ(ヤマハBB)を使いました。








以上








__________________________


じつは
動画チャンネルについてお知らせがあります。。。




今回の動画は FC2動画 に投稿しました。
今後はYouTubeを離れて別の動画共有サイトに投稿していく回数が増えていくと思います。


理由としては、
仕方ないことではあるんだけど、時代の流れで著作権規制が強く、
このような演奏動画であっても簡単にアップロードすることができなくなっている。

今回の動画をはじめ、やっぱりタイムリーな楽曲を演奏してアップロードしたいのが常なのですが、
せっかく苦労して作っても、アップロードの段階ではじかれて削除されるのは一瞬です。

一応、動画を作る前に、YouTube内で検索をかけて、同じような動画がアップロードされていることを確認してから制作するのですが、それでもなぜかブロックされます。同じ「弾いてみた」でも、公開できる人とそうでない人がいるみたいで、その違いや基準はよくわかりません。。。

労力が水の泡になるのと、
そもそも自分は趣味で演奏動画を載せるのが目的で、元から収益化に興味がないので、再生数やアクセス数にもこだわりがあるわけではないので、だったら動画サイトなんてどこでもいいのではないかと。言う結論に達しました。




このブログも大した見ている人はいないですが、
高校生の頃に趣味で始めた演奏動画の投稿を継続していくことが何よりの目的なので、それを達成するためにYouTubeじゃもうダメだという結論に達しました。

動画サイトを移籍したからといって、活動頻度は特に上がらないですが(笑) それでも、タイムリーな曲をもう少し積極的にあげていければなと思います。



ブログでは埋め込み動画で変わらず動画視聴できますので、今後ともよろしくお願いします!









  

とこよしです。

先日、カスタム製作したパチモン中華ボンゴ (ポンゴ)を使って早速一曲弾いてみました。





ジャミロクワイのシングルは2曲目となる
「Too Young to Die」です。



この曲はピッチが結構高めで、最初は曲に合わせてチューニングして弾いてたのですが、結構高くてネックに負担がかかると判断したので最終的に曲のほうのピッチをいじってます笑

この曲に限らず、90年代半ばくらいまでの楽曲はまだチューニングが今のようにA=440hzという統一された規格がなかった時代なので、曲ごとに微妙にチューニングが違ったりします。


DAW側でピッチを調整しました。

1hz単位でできるようなものではないので、厳密にいうと合ってませんが、これが限界でした。おそらく原曲のベースのピッチがいまいち微妙で、安定してないので、何に合わせるかがすごく難しくて、妥協できるあたりで諦めました笑

なので、原曲のベースとぶつかって若干不協和音になってるフレーズが多々ありますがご了承くださいませ。

自分が弾いているベースの音量としては全体のバランスを考えてもう少し小さめが良かったのですが、原曲のベースがアクティブで結構ワイドレンジなのでカットしきれないので、極力不協和音を目立たなくするために、結構大きめにミックスしてあります。

という感じ。。。












曲のほうに話を戻しますが、
この曲、とっても好きで、リリースされたのが93年、デビューから2作品目のシングルになります。



調べたら奇跡的にPVが出てきたので公式のを載せておきますが、
ジェイケイもこの若さです笑
イケメンですね笑



この年代の曲はかの有名なスチュアートゼンダーのベースラインで、このサウンドは間違いなくワーウィックですね。彼の機材にあまり詳しくはないのですが、シリーズ系の音がしているのできっとハム積んでるのでしょう。。

当時、まだ10代のゼンダーは、本当かどうかわかりませんが、ジャミロクワイに誘われてベースを始めたそうです。それが本当なのであれば、デビューからおよそ2曲目でこのクオリティとベースラインのセンスはバケモノです笑


そして、ちゃんとベーシストライクなフレージングになっているので弾いていてとっても楽しいです。

原曲のピッチが440じゃなくて練習しづらいのがこの年代の楽曲の残念なところではありますが、自分は440固定じゃないチューニングの楽曲が割と好きだったりします。

90年代のSMAPの楽曲なんかもまさにそれで、私たちは日頃から無意識のうちに440のピッチを聴き慣れているので、ちょっとでもピッチを変えてやると、途端にレトロ感が生まれるのです。不思議ですね。







最後に、
我が新しいベースですが、
やっぱりワンハムはいいです。


自分がベースを始めて一番最初に憧れを抱いたベーシストがレッチリのフリーだったので、当然、高校生で一番最初に買った高いベースもミュージックマン・スティングレイだったわけですが、レッチリにフルシアンテも復帰したし、人生一周まわってレッチリ(フリー)信者に戻ってきたんだろうなって思います。

個人的にワンハムのベースの取り回しやすさと、このサウンドがやっぱり一番ドストライクです。我がパチモンボンゴは、スティングレイの音こそ出ないものの、ちゃんとワンハムのシリーズサウンドなのでそこは素晴らしいです。

これからは、このベースを使ってたくさん楽曲を耳コピ・演奏していけたら良いですね








  


とこよしです。

よく知られたジャクソン5の名曲ですが、
今回はあえてTWICEバージョンで演奏してみました。



この歳になるまでアイドルを一切通らずにきました。

というのも、、、
量産型の容姿が好きじゃなくて、特に日本のアイドルはみんな同じ格好をして同じ顔を作って歌うから、正直どれがどれだか分からないし、どれでもいいやっていう感じで見てました。

ただでさえそんな感じでアイドル自体に興味がない上に、今の国際情勢を考えても、お隣の国のアーティストなんてもってのほかだと思ってたのですが、去年くらいから地元の幼馴染が急に韓流アイドルにハマり始め、、、そいつの家に行った時に3時間半にわたり洗脳教育を受けた結果。。。




すっかりTWICEにハマってしまいました笑





最初、見はじめた当初はチェヨン推しだったのですが、
TWICEは本当にみんな可愛くて人間味も面白くて、
色々見ているうちに今現在はジョンヨン推しに落ち着きました

01 02

このキリッとした綺麗な顔立ちとは対照的に
悪戯好きであったり、面倒見の良い一面も持ったそんな笑顔が素敵です。

基本、一緒にいて楽しそうな笑顔の絶えない元気な女性が好きです。
それでいながら、実はナイーブな一面も持ち合わせているこの儚さというか、ギャップにやられてしまいました。




なので、ジョンヨンはやめてください。ダメです

一応、お姉さんのスンヨンもやめてください。だめです (何様)













そんな冗談はさておき、
終盤の大サビ?に続く手前の間奏部分のベースがとっても難しくて、なんか上手くいってませんが、まあ自分が弾くとこんなもんですって事でご容赦くださいませ。

使用機材は、ヘッドアンプのトレースエリオット・エルフをプリアンプがわりに噛ませています。中域を特に持ち上げて、高域を搾り気味にすることで、モータウン感?を出してます。昨年新調したオーディオインターフェイスが基本、硬めでトレブリーな傾向なのもあって、最近ではEQはハイを搾り気味にしてます。

ベースラインのほうはTWICEのカバーよりもどちらかと言うと原曲よりになっていると思います。






そんなTWICEでした。

とこよしです


さて、年末年始も暇をみて演奏動画をアップするのが毎年恒例みたいになってますが、
今年は椎名林檎さんの「眩暈」を弾いてみました。








「眩暈」← この漢字、ついさっきまでなんて読むか知りませんでした笑
「めまい」って読むんですね。「まぶしそうなやつ」で覚えてたので間違ってはいない。


冬になると、林檎さんのしっとりめな曲をやりたくなります。
ちなみに今回は林檎さんですが、東京事変の「スーパースター」はもちろんのこと、
「夢のあと」や「手紙」なんかも好きです。だいたいアルバムのラストの曲ですね。



今回は、フロントピックアップオンリーで、ハイも絞り気味で弾こうと思ったのですが、いまいち楽器のコンディションなのか、良い味が出なかったので、普通にミックスで弾いてます。プリアンプがわりにトレースエリオットの小型ヘッドを噛ませてます。



この動画をアップロードした後で言わせてもらいたいのは。。。


こんな低画質でアップロードした覚えはないっ!!




前回、動画をあげた時にも話しましたが、
Macを新調したらiMovieの仕様が変わってて、アプリ側からダイレクトでアップロードできなくなってしまったので、一旦本体に保存したデータをわざわざブラウザ版のYouTubeからアップロードしているんですね。前回はうまく行って特に大きな劣化はなかったんですが、今回はひどい

まあ、まだ上げたてなので動画の処理が完全ではないのでSD画質オンリーなのかもしれないけれど。。。そう願って今日は寝ます。。。



とこよしです。


3曲ストックしていたうちの第3弾をアップロードしました。




ゴダイゴ - モンキーマジック



ファンキーな曲で前々から演奏したかった1曲です。


ベースラインは耳コピというより、ほぼアレンジしてます。
Bメロ?あたりはギターとユニゾンさせてます。



もともと西遊記のテーマソングなので、
少しアニメチックにしたくて映像を加工してます。



もともと、こういうタイプの曲が大好きなのでとっても弾きやすかったです。
楽しく演奏できました。









さてさて、 
これでストックしていた3曲は出し終えたのですが、
先日、スタジオに入ってまた2曲録って来ました。



せっかく小型ヘッドを購入したので、活用したくてアンプから音を出してマイク録りしたかったのです。
平日だったのもあるのですが、スタジオがガチの貸切で驚きを隠せませんでした。。。

コロナ禍とはいえ、ここまで過疎化しているとは。。。



今回は相対性理論とあともう一曲録ったのですが、
今後は、相対性理論の楽曲をコンプリートするのを目標に載せていきたいです。

というか、以前からそれが夢でした。




相対性理論の、特に初期の頃の曲は、
プロデューサーがベーシスト兼作曲家なのもあって、とてもベーシストライクなベースラインになってるなと思います。誰もが手癖で弾けるような楽曲ばかりなので、弾いていてとても楽しいです。









最近、ヘッドアンプだけじゃやっぱり飽き足りず、
スタジオのヘタリ切ったキャビネットから出てくる音にうんざりしていたのもあって、キャビネットポチってしまいました。


中古ではあるのですが、10インチ2発のそこそこスタジオでも使える規模のものをチョイスしたので、今後は、機を見てスピーカーユニットを乗せ替えて見たりしたいですね。


もちろん、キャビネットを購入したので、今後の演奏動画はしばらくスタジオでマイク録りになりそうです。







ではでは

↑このページのトップヘ